はり・きゅう施術療養費

当協会では、統合医療の推進として「鍼灸治療」を応援しております。
ここでは、鍼灸治療の健康保険の取り扱いと、その手順についてご説明いたします。
*当協会では、鍼灸免許保有者、鍼灸教員免許保有者が皆様の疑問や要望にお応えいたします。
 お気軽にご連絡ください。

1.鍼灸健康保険の取り扱い

  • 次の病気については鍼灸で健康保険が適応となります。
    1.神経痛 例えば坐骨神経痛(お尻、足先のシビレ)など。
    2.リウマチ 各関節が腫れて痛み、動かしにくいもの。
    3.腰痛症 慢性の腰痛、ギックリ腰など。
    4.五十肩 肩が痛く腕が挙がらないもの。
    5.頚腕症候群 頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
    6.頚椎捻挫後遺症 頚の外傷、むちうち症など。
    7.その他 これらに類似する疾患など。
  • 保険取り扱い手続きの手順

    1.現在の症状が鍼灸保険適応であるか治療院に確認します。
    2.その鍼灸院へ「同意書」と云う用紙を貰う。
    3.同意書を、掛かりつけの医院、病院等に持参し、
     必要事項を医師に記入して戴いてください。
     なお、同意書の代わりに、病名、症状及び発病年月日が明記され
     鍼灸の治療が適当であると判断できる診断書でも結構です。
    4.記入済み同意書、保険証と印鑑を鍼灸院に持参する。

鍼灸治療の健康保険適応に関する注意事項

1.その病気は先に医師の治療を受けていることが望ましい。(必ずしもそうとは限らないため、不明点がございましたらお問合せください)
2.保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院に掛かれません。*他の病気の治療は受けられます。
3.最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、3ヶ月毎に再度、同意が必要です。
 *但し、再度の同意は同意書に記入してもらう必要は無く口頭で結構です。
4.保険の種類によっては、健康保険の取り扱いが出来ない場合がありますので、鍼灸院にお問い合わせ下さい。

2.当協会のサポート体制

保険取り扱い手続きの手順

鍼灸治療の保険取扱をお考えの会員様向けにセミナー・勉強会を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

まずは無料会員登録
無料会員に登録する

新規開業サポート・レセプト

  • 料金プラン
  • はり・きゅう施術療養費
  • 会員様の声
  • 入会までの流れ
  • よくある質問