ブログ

往療料に関する算定基準を一部改正

car10_160519

厚生労働省保険局医療課より、『「柔道整復師の施術に係る療養費の算定基準の実施上の留意事項等について(通知)」の一部改正について』が9月30日に通知され、本年10月1日以降の施術分から適用されることとなった。

 

改正されたのは、「柔道整復師の施術に係る算定基準の実施上の留意事項」の往療料に関する事項。

従来の通知では『同一家屋内の2人目以降の患者を施術した場合の往療料は、別々に算定できないこと。』とされていたが、今回の改正により

同一の建築物(建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第1号に規定する建築物をいう。)に居住する複数の患者を同一日に施術した場合の往療料は、別々に算定できないこと。ただし、やむを得ない理由があって、同一の建築物に複数回赴いて施術した場合はこの限りではないこと。

と変更された。

 

詳細は以下にてご確認ください。

 

■柔整

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/160930-01.pdf

■鍼灸

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/160930-02.pdf

 

 


 

 

666s

(一社)全国統合医療協会は柔整師・あはき師、教員資格者によって運営されています。

国民に信頼される業界の再生を目指し、柔整師・あはき師の資質向上のため、レセプト、レセコン、療養費、保険請求等どのようなことでもかまいませんので、お気軽にお問合せください。

 

(1)最新型iPadレセコンが無料で利用できます!

http://zktgikk.wixsite.com/m-sys

 

(2)無料会員登録:毎月会報誌が送付されます。
http://zenkoku-iryo.com/member/

 

(3)LINE@:タイムリーな情報が届きます。
@sxe0685r

 

(4)facebook

https://www.facebook.com/zentoui/